トップページ ≫ 税務経営コラム ≫ マーケティングは絞り込み

税務経営コラム

マーケティングは絞り込み

カテゴリー:

 今日は「絞り込み」についてお伝えします。

 ほぼ同じ内容ですが、動画でも配信しています。
 よろしければこちらもご覧ください。

http://www.youtube.com/watch?v=2MGRcn20Hak&feature=youtu.be

 よく、「マーケティングは絞り込みだ!」

 と言われます。



 この意味は、絞り込むことで、マーケティングメッセージの

 訴求力が強まり、効率よく集客できる、とされています。



 しかし、先日セミナーでしゃべっているときに、

 さらに深いメッセージを感じましたので、深掘りしてみました。



 その結果、「絞り込みこそが経営である」のでは?と気付きました。



 どういうことかと言いますと、



 絞り込んだ顧客を獲得する

→客層が揃うので、同じようなサービスを提供すれば良くなる。

 (多品種少量生産ではなく、少品種大量生産となる)



→原価低減効果が働き、他社よりも安くても利益が出る。




 さらに次が面白いのですが、


→同じ客層の仕事をたくさんやるとノウハウが集積でき、

 業務のクオリティが上がる
 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



 特に税理士の業務では顕著です。




 普通の商品サービスは高付加価値をだすためには、

 なんらかの原価を増やさなければならず、

 一般的に高付加価値と低価格の両立は不可能です。



 しかし、税理士の仕事は正直に言えば、税法に基づいた処理ですので、

 クリエイティビティよりも、ミスなく素早い処理をする

 ことが高付加価値となります。



 つまり、たくさん処理することによって、

 事例が事務所に集積され、素早く処理できます。

 さらに、ミス・ヒヤリ事例の集積でミスが劇的に減ります。


 昔、資産税専門の事務所に勤めていましたが、

 正直、弊所のような相続税の申告が年間1-2件の事務所と、

 年間50件の事務所では、スピード・提案力は勝負になりません。

 (もちろん弊所でも税額は正しく計算しています。)

 しかも、50件の事務所の方が安かったりもします(笑)。



 逆に、新設法人が5社くらいしかない事務所と、

 弊所のように、新設法人が50社ある事務所では、

 新設法人への税務ノウハウ・提案力は勝負になりません。

 しかも、新設法人はウチの方が安いです(笑)。



 結果、一部の税理士などの商品・サービスでは、

 客層を絞り込んだ集客=低価格・高付加価値となります。




 つまり、集客ができて、かつ値段、商品サービスの内容という

 経営のほとんどの要素で競合他社を上回る事ができます。



 どう考えても負けませんよね。



 この経営の優位性は、客層を絞り込む事で得られます。



「全体に訴求した方が売上げが増える」

 などと考えている方は、是非、考え直してください。


 マーケティングは絞り込みをするきっかけにしかすぎず、

 絞り込んで、集客・価格・商品サービスの内容の

 すべてに、優位性を持つ経営を是非、目指してください。


【こちらの記事もよく読まれています。(同じカテゴリーの記事)】

グランドデザイン


お電話またはメールにてお見積もりを致します。 お問い合わせ方法の確認はこちら
お電話またはメールにてお見積もりを致します。 お問い合わせ方法の確認はこちら

  • 飲食店・美容室など店舗型経営の税務顧問はこちら
    飲食店・美容室など店舗型経営の税務顧問はこちら
  • 一般社団法人・一般財団法人の税務顧問はこちら
    一般社団法人・一般財団法人の税務顧問はこちら
  • よくあるご質問
    よくあるご質問
  • プロフィール・事務所概要
    プロフィール・事務所概要
  • 人材募集
    人材募集